ヒロトシのフォトギャラリー

furuhi.exblog.jp

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3.能登と金沢3日間 2日目-2 能登地方

2日目-2 観光バスに乗って能登観光

千枚田
白米千枚田(しろよねせんまいだ)は、石川県輪島市白米町の棚田である。数が多いので千枚田と呼ばれるが、
「狭い田」からの転という説もある。最も小さい田の面積は、0.2平方メートル程度。
白米の千枚田の指定名称で2001年、国の名勝に指定された。

f0236388_22434367.jpg

千枚田の写真を撮るのを楽しみにしていたのですが、ここでの滞在時間はわずか10分!
大慌てで階段を駆け下り 大急ぎで写真を撮りました、あ~忙しかった。
f0236388_22441214.jpg



南惣家美術館
南惣はかつての奧能登大野村の天領庄屋でした。歴代当主が惣右衛門、または宗右衛門と名乗ったことから南惣と呼ばれてきました。
南惣家は、鎌倉期以前より今日まで続いています。
南惣は、地主としてアテの木(能登ヒバ)を産出する山林を所有していたので、徳川幕府の天領として、地の利を得ることが出来ました。
南惣の田畑、山林は、米、材木、木炭を多く産し、山林から出る間伐材は燃料として、製塩や製茶、養蚕も手掛けてきました。
南惣はそれらの産物を、天然の良港である曽々木、名舟、輪島の港から北前船に積んで商い、越中越後の米、会津蝋、小麦などを商っていました。
歴代の当主は敬神崇祖の念に厚く、文化の移入を尊び、美術、茶道を愛好したことから、日本、中国、朝鮮を主とする絵画、書、漆芸、金工などの美術品を収集してきました。
f0236388_22472242.jpg

昭和46年に米蔵を改装して、「能登集古館 南惣」を開館、収蔵品200余点を公開。
平成12年「南惣美術館」と改称して現在に至っています。
超一流の名品が沢山展示されています。
f0236388_22135098.jpg

f0236388_22474070.jpg


輪島塩田
日本海に手をさしのべたような能登半島の最先端の海岸沿いに位置し、日本で唯一、珠洲市の仁江海岸で受け継がれてきた 「揚げ浜式」の塩づくりを今に伝えています。
f0236388_2245362.jpg

f0236388_22455680.jpg


海沿いの珠洲ビーチホテルでランチ
併設の珠州焼き資料館を見学
f0236388_21445439.jpg


見附島(みつけじま)、別名「軍艦島」
珠洲市(すずし)にある見附島は自然が造り出した高さ約28mの無人島。
島の形が大きな軍艦のような形をしているところから、別名「軍艦島(ぐんかんじま)」とも呼ばれています。
f0236388_22481921.jpg

海岸から島の近くまで踏み石が敷いてあるので渡る事ができます
f0236388_1115641.jpg

これで観光は終了、3時能登空港に到着
4時5分発の金沢行きのバスに乗りました、約2時間で金沢に到着

金沢駅
f0236388_2255999.jpg


ホテル金沢にチェックイン
f0236388_11454110.jpg
 

駅ビル(フォーラス)で夕食
回転寿司のもりもり寿司は行列していたのであきらめて、向かいにある回らない「能登前寿司もりもり寿し」へ
f0236388_11522382.jpg

お腹いっぱい食べて7192円
[PR]
by hironotabi | 2016-09-27 22:48 | 旅行 | Comments(0)

2.能登と金沢3日間 2日目-1 輪島地方


2日目は「おくのと号」という観光バスに乗って能登半島の1日観光を楽しみます♪

バスターミナルまでの送迎バスは8時5分に加賀屋を出発します
朝風呂に入って、館内の朝市を覗いて 7時から朝食、結構忙しかった・・・
f0236388_1138133.jpg

塩辛いおかずが多かった、生野菜があるといいな
f0236388_11384994.jpg

田園風景の中を走り輪島朝市に向かいます
かやぶき屋根の家も時々見かけましたが数は激減しているそうです
f0236388_11415360.jpg

 
輪島朝市
輪島の朝市は岐阜県高山市、千葉県勝浦市と並び、日本三大朝市に数えられる日本有数の市場です。
その歴史は古く平安時代に神社の祭礼日に魚介類、野菜等を物々交換しあっていたのが輪島朝市の起源といわれています。 以来約千年も続く輪島の朝市は、食文化の継承と発展を遂げ、現代もなお食材流通の要としてにぎわっています。
f0236388_221788.jpg

f0236388_22173869.jpg

f0236388_22175574.jpg

朝市で買ったもの   M子はトウガラシがお気に入り
巨大ニンニクは無臭です、本当に臭いません。
f0236388_21383851.jpg


輪島塗会館を見学
輪島塗の神輿は4000万円だそうです
f0236388_21492049.jpg


キリコ会館
能登地方の夏秋の祭礼には各町内からキリコと呼ばれる巨大な御神灯を神輿のお供に担ぎ出す習慣があります。当会館には能登地方独特の大小さまざまな約30基のキリコがところせましと立ち並んでいます。
f0236388_2221427.jpg

f0236388_2204354.jpg

キリコの大きなものは16.5mもあり、重さは4トン。 250人いないと担げないそうです。
隣の地区より大きなキリコを作るので担ぎ手を確保するのが難しくなっているらしい。
f0236388_2211348.jpg

f0236388_2214941.jpg

[PR]
by hironotabi | 2016-09-24 22:08 | 旅行 | Comments(0)

1.能登と金沢3日間 1日目 和倉温泉

2016年9月1日和倉温泉
羽田発8時55分の飛行機に乗って9時55分に能登空港に到着
和倉温泉まではふるさとタクシーに乗って約1時間
f0236388_21543593.jpg

チェックインは3時、周囲には何もないのでちょっと時間をもてあまし気味
散策後「みとね」でお昼ご飯
海鮮丼1900円、地もの丼2000円
f0236388_221118.jpg

天気が良すぎて暑い!!
パティシエ辻口博啓氏のミュージアム&カフェがあるというので行ってみた
海を眺めながらコーヒーを飲んでくつろぐ
f0236388_22861.jpg

3時まで加賀屋のロビーで過ごす
f0236388_229487.jpg


12階、客室は広くて居心地が良い
広いベッドルームがあるのがgood
f0236388_21551895.jpg


4時から「館内美術ツアー」に参加(約1時間)
一番見たかった加山又造の桜の絵は 傷んだので今は飾っていないとの事でガックリ・・・
f0236388_22202499.jpg


温泉に入った後夕食
専属の仲居さんが1品ずつ運んでくれます
どれも美味しかった♪
f0236388_22253792.jpg


f0236388_2225595.jpg


寝る前にもう一度温泉へ、
海が見える露天風呂は気持ちが良くてくつろげました


[PR]
by hironotabi | 2016-09-23 22:32 | 旅行 | Comments(2)