ヒロトシのフォトギャラリー

furuhi.exblog.jp

カテゴリ:中国九寨溝( 7 )

中国 成都 パンダ繁育研究基地

1987年3月に成都市の北部斧頭山に、成都パンダ繁育研究基地を設立された。現在敷地面積は34781.8m2である。
成都パンダ繁育研究基地は造園の工夫により野生パンダの生活環境を再現し、パンダの発育に応じて成体、亜成体、幼体飼育区を作り、そして、パンダ博物館及びサービスセンターを開設した。

パンダ繁育研究基地

f0236388_21581671.jpg

グレーの生後2カ月赤ちゃんパンダ
f0236388_21585137.jpg


f0236388_2159468.jpg


f0236388_21593853.jpg


f0236388_2159515.jpg


f0236388_2201852.jpg


f0236388_220386.jpg


f0236388_221316.jpg


f0236388_2211735.jpg


f0236388_2214424.jpg


f0236388_2215820.jpg


f0236388_2223365.jpg


f0236388_2224523.jpg


f0236388_2231814.jpg

レッサーパンダ
f0236388_2233561.jpg


f0236388_223595.jpg


f0236388_2244079.jpg


f0236388_224586.jpg

パンダ博物館
f0236388_2252396.jpg


f0236388_225388.jpg


BACK:九寨溝ー4
[PR]
by hironotabi | 2013-01-17 16:17 | 中国九寨溝 | Comments(0)

中国 10月31日 九寨溝-4

飛行場に向かう途中 甘海子に一旦停車、山を撮影。
f0236388_18343381.jpg


トイレ休憩
立派なトイレがあるのですが停電のため使用不可、仮トイレ(?)は屋根が無く掘った穴しかないないが
しっかりチップ1元を要求された。
真ん中の建物、隙間だらけの板塀で囲まれているのが仮トイレです。びっくりでした
(女性用も同じように穴だけだったらしい)

岷江源
f0236388_18345894.jpg

うわさには聞いていたけれど・・・
f0236388_21161481.jpg


氷が張っていました、アイヌの模様のようです。
f0236388_18352470.jpg


f0236388_18354432.jpg

ヤクの放牧地で撮影(金網越しなので難しかった)
f0236388_18361832.jpg


f0236388_1837051.jpg


チベット仏教のお寺(小西天朵咪寺)
f0236388_2150396.jpg


f0236388_1857875.jpg

円筒形のマニ車の側面にはマントラが刻まれており、内部にはロール状の
経文が収められている
マニ車を回転させると、回転させた数だけお経を唱えるの同じ功徳があるとされている
(1回転でお経を100回読んだことと同じ)
f0236388_18583556.jpg



f0236388_18443876.jpg

マニ車を回しながらやってくるお婆さん
f0236388_21513994.jpg

この近くに住んでいてお歳は85歳、1日に何度もマニ車を回しているそうです
中国語はわからないのに、何故か言ってることが理解できました。
実に味わいのあるお婆さんの表情に魅せられました。
f0236388_18454653.jpg


BACK:九寨溝ー3   NEXT:成都 パンダ繁育研究基地
[PR]
by hironotabi | 2013-01-04 21:31 | 中国九寨溝 | Comments(0)

中国 10月30日 九寨溝ー3

鏡海
f0236388_1757487.jpg


箭竹海
パンダの好きな箭竹が湖畔に生い茂る湖
f0236388_17584264.jpg


f0236388_1759885.jpg


f0236388_17592480.jpg


f0236388_17594643.jpg


f0236388_1802367.jpg


f0236388_1804418.jpg


熊猫海
昔はパンダが頻繁に現れ、水を飲み箭竹を食べていたという。
f0236388_1812254.jpg

貸衣装屋さんが沢山あっておばさん達がアルバムを持ってこれはどう?こっちは?
・・・と売りこんできます。20元
f0236388_181441.jpg


f0236388_182412.jpg


諾日朗瀑布
中国最大の幅320mの滝
f0236388_1832318.jpg


f0236388_1835026.jpg


f0236388_184351.jpg



長海
九寨溝風景地区内で最高所の海抜3103mに位置する南北8kmの長大な湖である
背景には、真っ白な雪に覆われた岷山山脈がまじかに見えている

f0236388_1852035.jpg


f0236388_1854766.jpg

この人誰?(けっこう気分良かったらしい、旅の恥はかき捨て・・・)
f0236388_2331499.jpg

タイから来た人たちと一緒に記念撮影
f0236388_1863176.jpg

雪が降って来ました、寒い・・・・
f0236388_1864561.jpg


五彩池
森の中にたたずむ幻想的な空間
雪の勢いは強くなるばかり、エメラルドグリーンの湖に雪が舞ってとても美しい。
f0236388_187347.jpg


f0236388_1881244.jpg


f0236388_1883519.jpg



色嫫女神像
よーく見ると左側の崖が女神の顔に見える

f0236388_18205795.jpg


f0236388_18212139.jpg


盆景灘
f0236388_1822445.jpg


チベット村
f0236388_18224934.jpg


BACK:九寨溝ー2蔵謎    NEXT:九寨溝ー4
[PR]
by hironotabi | 2012-12-29 23:46 | 中国九寨溝 | Comments(0)

中国 九寨溝ー2 蔵謎(くらなぞ)

蔵謎
ヤンリーピン(楊 麗萍)プロデュースによる「蔵謎」を鑑賞しました。
専用劇場のある場所はなんと泊っているホテルの隣
歩いて劇場に行きました。
f0236388_17402073.jpg

入り口では出演者が両サイドで出迎えてくれて、一緒に記念撮影もできるのです。
f0236388_17412992.jpg


f0236388_17421031.jpg

2011年4月 日本のオーチャードホールで公演した時のポスター
f0236388_1743512.jpg


会場は中国人で満員、チケットを取るのも難しいらしい。
ガイドの王さんが手配してくれたので良い席で鑑賞することができました。
写真撮影は可、前列の中国人が身体をのりだすので写真が撮りにくかったです。
f0236388_17444459.jpg

九寨溝から五体投地をしながら3年という歳月をかけて聖地ラサを目指す一人の老婆の物語
タップダンスや弦子舞、ヤク舞、鍋庄舞などといった踊りや、竜頭琴、骨ホルンなどチベット独自の楽器を多用してチベット族の日常生活や宗教儀式、祭典を表現した作品です。
本物のヤギが実に見事に状況に合った演技(?)をするのに驚きました。
f0236388_17453780.jpg

チベット人独特の高音の響きに感動しました。
歌って踊って・・それもとても楽しそうで・・・蔵謎はミュージカルです
f0236388_1746976.jpg


f0236388_17472093.jpg


f0236388_17481794.jpg

老婆が巡礼の道で出会う蓮の観音、ターラ神の舞踊は 動きが美しくて見とれてしまいました。
日本公演ではヤン・リーピンが踊ったそうです。
f0236388_174915.jpg


f0236388_17492167.jpg

フィナーレ
f0236388_17494835.jpg


もう1度見たくなるほどの好演でした。
しかし、フィナーレで役者さんが挨拶している最中に中国人はさっさと帰ってしまったのにはびっくり。

BACK:九寨溝ー2     NEXT:九寨溝ー3
[PR]
by hironotabi | 2012-12-22 23:38 | 中国九寨溝 | Comments(0)

中国 10月29日 九寨溝ー2

珍珠灘瀑布
f0236388_1111529.jpg


f0236388_11121537.jpg


f0236388_11123823.jpg


f0236388_111310100.jpg


f0236388_11133799.jpg


f0236388_11141263.jpg
f0236388_11144543.jpg

日則溝と則査窪溝の分岐点に立つ休憩センター
レストランで食事後1階にあるマーケットを見物
f0236388_11161152.jpg


f0236388_131359100.jpg

いかにも中国的なお土産物屋さんがずらりと並んでいます。
パンダのかぶり物もありました。
f0236388_11165794.jpg


f0236388_11171739.jpg


樹正瀑布
f0236388_17111544.jpg


f0236388_17114129.jpg


f0236388_17121438.jpg


川の流れでお経を読む水転経(マニ車)
流れる水の力を使い24時間お経を唱えることができる
f0236388_17131022.jpg


チベット村
f0236388_17152835.jpg


f0236388_17162176.jpg


f0236388_1716484.jpg


タルチョ(祈祷旗)と呼ばれるチベット仏教独特の祈りの旗が家々に飾られています。
タルチョの色は5色で経文が書かれています。
色にはそれぞれ意味があります・・・・黄(地)・緑(水)・赤(火)・白(風)・青(空)
タルチョ(祈祷旗)が一回風になびけば一回読経したことになるとも言われています。

f0236388_1718053.jpg


f0236388_17171596.jpg



f0236388_17182974.jpg


f0236388_1719692.jpg



臥龍海
湖底に炭酸カルシュウムが黄緑色の帯状に沈殿しており、
好天時に上から見下ろすと黄色い龍が横たわっているように見える
f0236388_17202467.jpg


f0236388_17205576.jpg


火花海
水量が減る季節に湖底の石灰華が露出し島のように見える

f0236388_17215185.jpg


f0236388_17222428.jpg


f0236388_17225520.jpg


   BACK:九寨溝ー1       NEXT:九寨溝2-蔵謎
[PR]
by hironotabi | 2012-12-20 12:50 | 中国九寨溝 | Comments(0)

中国 10月29日 九寨溝-1

7時30分ホテルのロビーに集合、バスに乗り10分で九寨溝入り口に到着
標高1995m、天気は曇り空

九寨溝入り口(入場するのにパスポートが必要)
早朝にもかかわらず中国人の団体が次から次に押し寄せてきました。
ちなみに国慶節休暇期間(9月30日~10月7日)の九寨溝観光客数は25万543人!
前年比33.34%増で、史上最高を記録したそうです。

f0236388_10393885.jpg


犀牛海
かってチベットの高僧がサイ(犀)に乗って現れたと伝えられている。

f0236388_10404413.jpg


f0236388_104168.jpg


f0236388_1041223.jpg



鏡海
鮮明に風景を映し出す静かな湖
早朝は波が立っていないので湖面に木々が鏡のように映りこむ

f0236388_10421568.jpg


f0236388_10424377.jpg


f0236388_10432017.jpg


f0236388_10434869.jpg



五花海
湖底の朽ちた大木や藻、石灰華などに太陽光が反射し、湖面に映る樹木や雲の色が五色に輝く

f0236388_10463411.jpg


水が澄んでいるので湖中の倒木がはっきり見える
f0236388_10465430.jpg


f0236388_10473598.jpg


f0236388_1048222.jpg


f0236388_10482138.jpg


f0236388_10484238.jpg

新婚カップルが湖をバックにアルバム写真を撮影していました。
f0236388_10491085.jpg

裏方さんが数名いてドレスのヒラヒラが綺麗に撮れるまで何回も挑戦していました。
(以下2枚はM子が撮影)
f0236388_10285629.jpg

f0236388_1049301.jpg


f0236388_1050017.jpg


BACK:牟尼溝      NEXT:九寨溝ー2
[PR]
by hironotabi | 2012-12-13 22:38 | 中国九寨溝 | Comments(2)

中国 10月28日 牟尼溝

2012年10月27日~11月1日
6日間の中国九寨溝の撮影ツアーに参加してきました。
ちょうど尖閣諸島の領有権を巡って日本と中国の関係が悪化の一途をたどっていた頃で全日空が成都までの直行便を廃止してしまいました。
中国国際航空に変更され、北京経由で成都に行くことになってしまいました。

27日成田9時発の飛行機は成田から飛び立つ気配もなくとうとう機内食がでてきました。
結局1時間半後にようやく飛び立ち3時間半で北京に到着(直行便なら成都に着いている時間)
成都まで3時間かかりホテルに到着したのは18時過ぎ(予定では16時)
1泊して翌日の早朝飛行機で九寨溝へ
空港からバスで牟尼溝に到着(10時)

松潘県の西3キロほどのところにある、原生林と滝の残る地区。扎嘎瀑布は炭酸カルシウムを含んでいる。
海抜3270メートルの高さにあり、滝の長さは約93.2メートル、幅35メートル。
上が湖で、下流は連なった階段式の川床になっている。

滝の入口
f0236388_2134729.jpg

木の歩道
f0236388_215892.jpg

扎嗄瀑布景区と滝
f0236388_2154391.jpg


f0236388_2161649.jpg


f0236388_2164786.jpg


松藩は四川省の省都・成都から340km。少数民族の羌(チャン)族と回族が住む。古くからチベットと中国を結ぶ交通の要衝として栄え、現在は成都から黄龍や九寨溝への中継点として観光客が増加している。

松藩の北門
f0236388_21135527.jpg


f0236388_21142459.jpg


伝子村のチベット杏多族の村長 徳朶さん宅を訪問しました
隣にホテルを建設中
f0236388_21163959.jpg

玄関
f0236388_21172430.jpg

控室
天井に吊るした布が独特の雰囲気を醸し出していました。
f0236388_21182938.jpg

仏様を祀った部屋はひときわ豪華です
f0236388_21192189.jpg

客間
f0236388_2120815.jpg

使い込まれた銅鍋
f0236388_21204841.jpg

バター茶をふるまって頂きました
思っていたより飲みやすかった
f0236388_21212538.jpg

村長の娘さん
f0236388_21221151.jpg

電燈
チベット仏教で宗教的意味を持つ模様(タシタゲ)で飾られています
タシは吉祥、タは模様、ゲは「8」の意味で、宝傘、法輪、黄金の魚等の模様があります。
f0236388_21225585.jpg


                NEXT:10月29日九寨溝-1
[PR]
by hironotabi | 2012-12-07 11:14 | 中国九寨溝 | Comments(0)