ヒロトシのフォトギャラリー

furuhi.exblog.jp

5.金沢市内 3日目-2 玉泉邸 金沢城

玉泉邸西田家(昼食)
加賀藩二代藩主夫人「玉泉院(ぎょくせんいん)」に由来する
庭園「玉泉園」の歴史は、いまから約四〇〇年前の江戸時代初期に遡ります。
加賀前田藩の重臣・脇田(わきた)家の庭園として
初代直賢(なおかた)から四代九兵衛まで約一〇〇年を費やして完成。
作庭は幻の様式とされる“玉澗(ぎょくかん) 様式” による由緒正しい金沢の名勝です。
f0236388_13534518.jpg


玉泉園は、兼六園の樹木を背景とし、崖地を利用した上下二段式の池泉(ちせん)回遊式庭園。約720坪の園内には、樹齢350年と言われる朝鮮五葉松(ごようまつ)や、ノウゼンカズラの老樹をはじめ、北陸では珍しい水芭蕉やカキツバタ、金木犀など数百種の草木が繁るほか、由緒ある灯篭など多くの見どころにあふれています。
f0236388_1354163.jpg
f0236388_13542557.jpg

玉泉園の最上段には築400年と云われる茶室があります。
下に降りる途中、M子道を踏み外して斜面を滑り落ち 足首を捻挫・・・あ~
地面が濡れていたので滑ったのか? よそ見をしていた?
f0236388_16491727.jpg

f0236388_13543584.jpg

気を取り直して玉泉邸で食事
個室を予約してありました、落ち着けます。
f0236388_18422063.jpg

お料理はどれも繊細な味付けでとても美味しく頂きました。
f0236388_18424625.jpg


金沢城
加賀百万石のシンボルである金沢城は、天正11年に前田利家により本格的な建城が行われ、明治2年まで加賀藩前田家14代の居城として置かれました。 平成8年より金沢城公園として一般公開を開始。 度重なる火災により、石川門と三十間長屋以外の建物は全て消失してしまいましたが、平成13年には、古絵図や古文書などをもとに菱櫓(ひしやぐら)、五十間長屋(ごじっけんながや)、橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)を出来る限り忠実に復元。 安政の頃の景観を現代に蘇らせました。

M子は先ほどの捻挫の為多少歩行困難、軽症だったのでゆっくり歩く事はできました。
それにしてもこの日は日差しが強くて暑かった!
34℃くらい?


f0236388_141358100.jpg

石川門
f0236388_1275818.jpg


三の丸広場
左から 鶴の丸土塀 橋爪門(一の門 ) 橋爪門続櫓(やぐら) 五十間長屋 菱櫓
f0236388_14161727.jpg


f0236388_14143786.jpg

玉泉院丸庭園
f0236388_141573.jpg

橋爪門二の門
f0236388_14153612.jpg

f0236388_14165194.jpg

f0236388_14171077.jpg

f0236388_14172996.jpg

橋詰門一ノ門
f0236388_14174566.jpg

           石川門                   色紙短冊積み石垣
f0236388_1418954.jpg




f0236388_18464184.jpg

by hironotabi | 2016-10-05 22:28 | 旅行 | Comments(0)