ヒロトシのフォトギャラリー

furuhi.exblog.jp

スペイン8日目-3バルセロナ(サン・パウ病院、サグラダ・ファミリア)(12月16日)

サン・パウ病院(1902~1930年) 1997年、ユネスコの世界遺産に登録された
銀行家パウ・ジルの遺言により建てられた大病院。
モデルニスモ建築を代表するドメネク・イ・モンタネールとその息子が建築した。
近年まで現役の病院として利用されていた。
f0236388_11521176.jpg

f0236388_1255310.jpg

f0236388_12103169.jpg

f0236388_12992.jpg



f0236388_1151719.jpg

アレナショッピングセンター(競技場を改装)
f0236388_14255030.jpg

2026年の完成を目指して建築が続くサグラダ・ファミリア
1882年に着工し、翌年に31歳のアントニ・ガウディが2代目主任建築家に就任
以後43年間人生のすべてを費やした。
f0236388_126714.jpg

f0236388_1262668.jpg

f0236388_1265390.jpg

f0236388_127758.jpg

f0236388_1272311.jpg

f0236388_1211584.jpg
f0236388_1222984.jpg
f0236388_12283513.jpg

by hironotabi | 2015-08-09 11:54 | スペイン(カタルーニャ)旅行 | Comments(0)