ヒロトシのフォトギャラリー

furuhi.exblog.jp

南仏3日目 ニース・アンティーヴ (2014年4月18日)

コート・ダジュールは、フランス南部に所在する、風光明媚な保養地として知られる海岸。ふつうトゥーロンを西端、イタリア国境を東端とする地中海沿岸の一帯を指す。
f0236388_22162721.jpg


ニースは地中海性気候であり、一年を通じて気候は安定している。そのため欧州各地(とくに夏でも涼しく霧がちなイギリスやフランス北部など)から夏のバカンスに訪れる者が多く、ビーチは遊泳や日光浴を楽しむもので込み合う。冬も比較的温暖で気候が安定していることから、旅行者は1年中絶えない。
f0236388_22305892.jpg

サレヤ広場の朝市
f0236388_22311298.jpg


シャガール美術館
1966年にオープンしたニースの国立マルク・シャガール聖書のメッセージ美術館は、シャガールが、自身が描いた聖書メッセージである旧約聖書の創世記をテーマにした絵画シリーズ17作を寄贈
f0236388_22495398.jpg


f0236388_22501443.jpg

f0236388_22503259.jpg

f0236388_22504272.jpg


マティス美術館
 内部は撮影禁止
f0236388_231302.jpg

f0236388_2313371.jpg


ピカソ美術館
室内は撮影禁止
建物は「グリマルディ城」と呼ばれ、17世紀にこの地域で勢力を誇っていたグリマルディ家の城砦であった。城砦は、1928年以降は、市立博物館として使用された。 1946年9月半ばから11月半ばまでの2月間、ピカソはこの建物にアトリエを構え、数々の作品を生み出した 。彼はアトリエを去る際、市当局に対して、この地で製作した作品の大半を「永久貸与」したが 、このことがきっかけとなり、1966年、ピカソ美術館の開館が実現した
f0236388_1911678.jpg

f0236388_1914517.jpg

f0236388_192128.jpg

f0236388_1923367.jpg

by hironotabi | 2015-01-16 10:14 | 南フランス旅行 | Comments(0)