ヒロトシのフォトギャラリー

furuhi.exblog.jp

3月25日 リスボンからバターリャへ

24日の真夜中にリスボンのホテルに到着
翌日は9時にホテルを出発、約2時間ドライブしてポルトガル中西部にある町バターリャに到着。
少し前まで雨が降っていたらしい、ラッキー♪

バターリャ修道院、正式名称は 勝利の聖母マリア修道院《 Mosteirode Santa Maria da Vitória 》 
バターリャとはポルトガル語で「戦場」の意味。
1385年、カスティーリャ軍との戦いでジョアン1世(ポルトガル王)が奇跡的な勝利を収め、
3年後に聖母マリアを称えた修道院の建設を開始した。
ポルトガル最古のゴシック&マヌエル様式の建築物として知られている。(1983年 世界遺産に登録された)
f0236388_22254999.jpg


    英雄アルヴァレスの騎馬像
f0236388_93465.jpg

    12使徒の彫刻がある入口
西側の広場に面している修道院の入口は、アーチ・ヴォールトの形をとっており、そのヴォールトの中には、78の聖像が飾られている。78体の聖像は6列に分けて並んでおり、それぞれに旧約聖書に登場してくる王、天使、預言者、聖者が天蓋の下に並んでいる。
f0236388_22263736.jpg

    教会内部はとてもすっきりしている、奥行80m、高さ32m。ステンドグラスが美しい。
f0236388_22264993.jpg

    ジョアン1世と王妃の棺
f0236388_22271216.jpg


f0236388_22273716.jpg

     王の回廊
     建築家アフォンソ・ドミンゲスによって造られたゴシック様式の簡素な回廊に、
     リスボンのジェロニモス修道院を手掛けたボイタックがマヌエル様式の装飾を施した
f0236388_2228459.jpg


f0236388_223015100.jpg


f0236388_22303232.jpg


未完の礼拝堂
ジョアン1世の息子のドゥアルテ1世の命でダヴィ・ウゲットにより着工された。
100年ほど工事が続けられたが、1521年に即位したジョアン3世がリスボンの
ジェロニモス修道院の建築に集中し、バターリャ礼拝堂の建設を中止したため、
未完に終わってしまった。

 天井がないので青空との対比が美しい。
f0236388_915566.jpg


f0236388_9301837.jpg


f0236388_9304228.jpg


f0236388_9261192.jpg

[PR]
Commented at 2010-06-03 10:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hironotabi at 2010-06-05 20:11
お久しぶりです、カントリーの方は絶好調ですか?
ポルトガルには大航海時代の名残の立派な建造物が沢山残っていて実に見ごたえがありました。
教会にしてもそれぞれが個性的で面白かったです。

Commented at 2010-07-29 20:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hironotabi at 2010-08-06 09:58
nari様 お忙しい毎日を送っていらっしゃる事と思います。

HPもブログもたまにしか更新しませんが時々覗いてください。
カメラの腕ですが、なかなか思うような写真が撮れません。
その場でいいな、と思っていても帰って見たらピンボケだったり構図が変だったり・・・・
秋にはどこかへ行こうと計画中ですが、行先は未定です。
by hironotabi | 2010-04-09 22:29 | 旅行 | Comments(4)